残留農薬 除去 ランキング

毎日の食事で使用する食材は安全ですか?

皆様は毎日の食事で使用する野菜や果物などの食材は、
どちらで購入されていますから?

 

大抵の場合は近所のスーパーで購入されているのではないでしょうか?

 

それらの食材は見た目は綺麗ですが、
実のところその表面には農薬や展着剤、ワックスなどが付着しています。

 

「中国産の食材はちょっと心配だけれども国産の食材なら安心!」と考え、
積極的に国産の食材を買われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

しかし、
国産の食材だからといって残留農薬などがないわけではありません。

 

実は、
日本の農業は農薬の使用量が世界第3位です。

 

ちなみに1位が中国で、2位が韓国となります。

 

当然ですが、
日本には農薬の使用量などの規制が設けられていて、
体に影響が出ない農薬量が使われているはずですが、
だからといって、
農薬のついた野菜をサラダで食べようとは思えないのではないでしょうか?

 

そうなると自己対策として、
料理をする前に食材を水で洗ったり、
皮をむいて使ったり、
1番上の葉を使わずに捨てたり等々、
いろいろな対策を取られていると思われます。

 

皮をむいて使用するというのは、
かなりの効果があるとされていますが、
水で洗い流したり表面の葉だけを捨てる対策では、
不十分と言われています。

 

それはなぜかというと、
風雨にさらされている農作物を守るために農薬を使うのですから、
雨などで流れ落ちしまっては意味がありません。

 

ですから農薬はそれ自体が水に強い性質を持っていたり、
展着剤を利用して落ちにくくしたり、
ワックスを使用して農作物自体が水弾きが良くなったりと、
多くの工夫が取られているのです。

 

その状態で売られている農作物ですから、
お家の水道水で表面を洗い流しても、
大してきれいには落ちないものなのです。

 

 

では、
どうすれば残留農薬のない食材を手に入れることができるのでしょうか?

 

 

単純に思いつく方法としては、
無農薬で栽培された食材を買ってくる方法ですが、
日本で農作物を育てようとした場合、
無農薬で育てようとすると、
とても手間暇かかるため、
販売価格が高くなってしまうのが現状です。

 

お金にゆとりがあれば無農薬野菜を購入すればよいのですが、
実際のところはなかなかそうもいかないのではないでしょうか。

 

 

そこで登場するのが残留農薬を除去する手段なのです。

 

残留農薬除去方法とネットで検索すれば、
いろいろな商品が検索されます。

 

天然素材の貝殻を特殊な製法でパウダー化した商品や、
製造メーカー独自のpH値で作ったアルカリイオン水、
濃縮液体タイプで使用前に水に溶かして使うものなど、
いろいろなタイプの商品が売られています。

 

それぞれ特徴がありますので、
しっかりと調査して、
ご自分のライフスタイルに合った商品を選んで下さい。